比較サイト CFD投資: 2011年4月アーカイブ

2011年4月アーカイブ

取引を行うについて重要になってくるのは手数料です。

CFDではスプレッドという買値と売値の差が実質手数料となってきます。

これは銘柄ごと証券会社ごと、さらに取引タイミングでも異なるため一概にどこがイイとは言えません。

なので複数口座開設して、取引する銘柄を個別に確認する必要があります。

複数口座開設は抵抗があるかもしれませんが、無料で開設できますし、重要な方法になります。

スプレッドは狭い(小さい)証券会社で取引しましょう。

では、また。
CFDは投資の選択肢の中の一つです。

そのなかでCFDを選択するのには理由があります。

CFDは長期投資には向いていません。

レバレッジをとることにより、リスクが格段に上がるからです。

そのリスクを数ヶ月も数年も持ち続けるのはリスクが高いのです。

CFDはデイトレに向いているというよりは、長期投資に向いていないのです。

ですがCFDは魅力溢れる金融商品です。

短期投資に使わない手はありません。

デイトレではなくチャートをチェックできない日時にはポジションを取らない、

あるいは売り買いの注文を出しておくなどのルールをつくっておくとよいでしょう。

損切り練習

| コメント(0) | トラックバック(0)
CFDでは損切りできないと死にます。

大げさに言っているわけではなく、ほんとに死にます。

注文したら、かならず逆指値などで損切り設定しましょう。

レバレッジにより数倍の値動きをするのでプラスにもマイナスにもあっという間に動くことがあるからです。

これを怠ると死にます。

死ななくてもそれは"たまたま"です。

"たまたま"なんて怖くてたまりません。

死ぬ前に損切りは負けじゃないと言い聞かせ、損切り練習をしてみましょう。

では、また。
テクニカル分析などと言われる投資手法があります。

チャートを分析して今後の値動きを予想する手法です。

正確に予想できるのかというと全く当たらないと言っても過言ではないでしょう。

予想が的中してもそれは"たまたま"でしかありません。

言ってしまえば、「上がる」「下がる」「横ばい」の1/3なのです。

では、まったく意味が無いのかというとそんなことはありません。

「当たらないのに意味がある???」

それは同じようにテクニカル分析を行っている人がいるからです。

「上がる」と予想している人が買えば「上がる」のです。

なので、テクニカル分析をしている人がいる、ということを頭に入れておくとよいでしょう。

しかし、経済がなんらかのシグナルを出せば、テクニカル分析など完全に無意味に動きます。
債券に投資したことはありますか?

「はい」

の人もそこそこいると思います。

利付国債、個人向け国債、地方債などなど。

しかし、債券を理解して投資していますか?

の問いに「はい」の人は少ないと思います。

なぜなら、日本で通常行われている債券取引は「買う」だけだからです。

債券は価格が上昇したり下落したりする商品なので、売買すべき商品なのですが、その環境はまだあまりととのっていません。

現状、債券を市場に連動した価格で「売る」ことは個人では不可能に近いのです。

しかし、債券CFDなら市場価格に連動した「買う」も「売る」も当たり前のようにできます。

利回りが上がって債券の価格が下落したら「買う」のです。

利回りが下がって債券の価格が上昇したら「売る」のです。

市場価格に連動した債券投資ができるのは債券CFDしかないといっても過言ではないでしょう。

債券は「買う」だけしかできないんじゃ不利すぎますよ。

では、また。
どの銘柄から始めるのか迷ってしまうと思います。

そんなときは、「情報負けしない銘柄」を選択しましょう。

「情報負け」とは、他者より情報が得られない状況のことです。

例えば、イタリアの個別株CFDに投資する場合、入ってくる情報はイタリアに住んでいる人より劣っている可能性が高いです。

ただし、イタリアの株価指数CFDならある程度の情報は得られると考えて問題有りません。

要は、特に海外の銘柄に投資する場合は、個別株より株価指数に投資するほうが「情報負け」はすくなくてすむということです。

はじめてCFD(FXも含めて)取引をする場合、レバレッジは小さくかけたほうがいいでしょう。

レバレッジをかけるとは自分のお金は1万円でも、10万円の取引をする(この場合レバレッジ10倍となる)ような取引のことです。

法規制により銘柄により最大レバレッジは決まっています。

もちろん最大までレバレッジをかけられますが、通常は1~3倍程度に抑え、心に余裕をもたせて取引を行いましょう。

投資する銘柄に関連するニュースが発表され、一時的に大きな動きが予想されるときにはレバレッジを大きくかけてみるのもいいでしょう。

そのときは損切り注文は必ずしておくことが重要です。
FX経験者の方なら「スプレッド」といえばおわかりいただけるでしょうが、

未経験者の方は「なんじゃそりゃ???」って感じでしょう。

一言で言えば、スプレッドとは買値と売値の差のことです。

例えば、買値が9500円で売値が9490円の場合、スプレッドは10です。

ようはスプレッドはCFD証券会社の儲けです。

利用者側からしたらコストになります。

同じ銘柄を取引するならスプレッドが小さい証券会社を選びたいですね。

ちなみに買って(売って)からすぐ売ると(買うと)、スプレッドの影響で必ず損失を負いますのでご注意を。

では、また。

CFD投資開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
先週からCFD投資を始めました。

口座はGMOクリック証券、ひまわり証券、IGマーケット証券です。

初期投資資金は各30万円の合計90万年。

なぜ3つも口座開いたかというと、

いろいろな取引ツールを使いたかったことと、

取引したい時に証券会社のシステムエラーで取引できないなんてことがないようにするためです。


はじめは株価指数CFDを取引しようと思います。

せっかくのCFDなのでショートポジション(空売り)を積極的に取りに行って、オーバーナイト金利も頂いちゃおうと思います。

では、また。

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。